読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガリュウぶろぐ

王道でもなく邪道でもなく我流

疾走ガルラビジョップデッキレシピ!!

f:id:gmw-garyu:20170220212310j:plain

 

こんばんわ!

リュウです!

 

遅れましたがこちらが「疾走ガルラビショップ」になります!!

 

f:id:gmw-garyu:20170309213740p:plain

f:id:gmw-garyu:20170309213746p:plain

 

「バルハラジェネラル」を「ムーンアルミラージ」に代える予定です…

1枚しかもってなくて…笑

 

 

超越相手にはかなり有利がとれるデッキですね!

 

ドロシー相手の対策として「テミスの審判」を採用してます。

「エンシェントレオスピリット」まで採用しようか悩みましたが、枠の問題で断念…

『ミッドレンジロイヤル』を相手にした時、並ばれると厳しい場面があるため、もう少し回してみて調整が必要と思われます。

 

あまり回せてなくて…汗

 

 

 

体感的に勝率は5割程度…

うーん…って感じです笑

 

 

 

「教理」を3枚積みなのですが、腐る場面が多いです。

2ターン目「獣姫」→3ターン目「教理」というムーブは強いと思っていてそれを成功させるための3枚採用ですが、1枚減らしてもいいかもしれないです。

 

 

「犬」ではなく「マイニュ」なのは『超越』への勝率をあげるためです。

 

 

基本的にカードの採用枚数は

3枚…1回のゲームで必ず1度はプレイしたい。ハンドに被っても文句がないカード。

2枚…1回のゲームで1度プレイできれば強いが、ハンドに被って欲しくないカード。

1枚…1回のゲームでプレイできれば強く、プレイできなくもて問題ない、又

   ここぞと場面で使えるカード。

 

この構築理論を元に組んでます。

もちろんこれが絶対というわけではなく、この理論とは採用枚数が異なることもあります。

 

これに基づくと「聖なる願い」と「死の舞踏」は2枚でいいと思いますが、このデッキは1ターン目から動きたいので「願い」を3枚にしてます。

そのうち「死の舞踏」はおそらく1枚入れ替えると思います。

 

「バルハラジェネラル」を「ムーンアルミラージ」に代える予定といいましたが、別のカードがいいかもですね笑

 

 

このデッキにおいて、「ムーンアルミラージ」は4枚目の「ガルラ」という感覚で使ってます。

「ガルラ」は1ゲームに2回プレイしたいくらいのカードなので「ガルラ」の役割に近いものとして「アルミラ」を採用してます。「ジェネラル」でも似たような役割はできますが、腐りやすさを考えると「アルミラ」より優先度が落ちますね。

 

 

時代遅れ感のあるデッキではありますが、ぼくは好きなデッキなので研究を続けていきたいです!!

 

それではまた〜

 

 

 

 

 

 

 

今日のパック開封…

 

 

写メどっかいきました…

たしか「死の祝福」のプレミアムです!

うひょ♪

 

 

 

 

 

 

 

雪降ると寒いね。